​講師紹介 あざみ あい

海外在住の日本に縁のある方を対象に、音楽を通して子育て支援、

ピアノのレッスンをしております。

2021年より、

【わらべうた】や【手遊び歌】などの日本語の子どものための歌を

歌う活動をとおして、親子でのふれあい遊びの場を提供しています。

言語習得と音感の芽生え、そして日本の行事や四季を味わいながら、

親子の愛着関係を育んでいくことを目的としてます。

保育者養成校で子どもの表現、ピアノレッスンをしていた講師が、

音楽遊びの分野から海外在住の子どもたちの生活をサポートします!

 

 

 

私自身の、

❏ 「わらべうた」「手遊び歌」を使った、遊びながら音感を上げていくプログラム作成経験

❏ 「日本語の子どものための歌」から、生活・文化の関わりに焦点をしぼった遊び方・伝え方

❏ リトミックの要素を加えた、音感を刺激する子どもとの遊び方の豊富なレパートリー

 

❏ 4歳~シニア世代のピアノ個人レッスン経験から、一人一人の目標に寄り添ったレッスン

❏ 保育者養成の講師として、初級~中級の20代前後の生徒さん1000名以上をレッスンして、確実に技術が身につく練習方法のノウハウ、子どものための歌のレパートリー

❏ グループレッスン、5~20名のカリキュラム設計や実施

❏ ピアノ演奏、合唱伴奏の演奏活動より、音楽を演奏者として伝える素晴らしさ

 

などの経験を活かして、

 

 

①日本語の歌で遊ぼう♫では、

音楽が、生活の中にあふれ、

親子で音によるワクワクした楽しい活動の場を提供し、

お子さまの音感、親子の愛着関係を育むよう お手伝いしています!

②ピアノレッスンでは、

一人一人の「ピアノを弾きたい!」という気持ちを最大限に

サポートしながら、確実なテクニックを身に着け、

表現する楽しさを味わえるよう、優しくも、時には厳しく!!

指導していきます。

 

 

こんな方に来て頂いております!

 

*駐在中で日本語を話す大人が家族だけ。普段日本語の歌にふれる機会の少ない親子

*幼児期から、脳を刺激し活性化させる音楽に興味をもてる場をお探しの親子

*オンラインによる子育て支援にご興味のある方

 

*数年の駐在中も得意のピアノを継続し、レベルアップしたいお子さん

*大人の趣味のピアノを再開させて、毎週の程よい緊張感と音楽のリラックスした時間をとりたい方

 

 

私は、元々

東京の音楽大学でピアノ演奏を学び、

その後、大学院では音楽教育を研究し、

仕事としては保育者養成校の専任講師の職に付きました。

現在は、夫の仕事の都合で渡英。

クラシックの本場のヨーロッパ、歴史のある土地に住んでみたいという気持ちで

一旦、仕事に区切りをつけて帯同することにしました。

決して幼い頃から、ピアノが得意だったわけではないですが、

いつも、「ピアノの音色が好き」「クラシックのピアノ曲が好き」

という思いで、ピアノを専門に、演奏、研究、そしてレッスンをしてきました。

幼い頃から、コツコツと練習すれば、好きな曲が素敵に奏でられる楽しさ

というものを経験していましたので、

どんなに難しい曲でも、

つまり、

すでに獲得している技術では弾ききれないような曲であっても、

様々な練習方法を試したり、

楽譜の分析をしたり、

音楽の背景の歴史・文化を調べたり、

テクニックの特別なトレーニングを受けたり

して、理想の演奏に近づくよう努力して乗り越えてきました。

そんな、クラシックの世界にどっぷりつかっていた大学時代に、

舞台芸術にも興味をもつようになりました。

 

劇団四季、宝塚から入り、ポップスの音楽ライブ、

さらには、演劇、音楽劇、オペラ、ミュージカル、お芝居、

海外からの打楽器のエンターテイメントパフォーマンスショーなどなど。

地方出身の私にしてみたら、

東京では、様々なジャンルの舞台が

毎日いくつもの場所で、そして世界から一流のプレイアー

集まっていることに衝撃を受けました。

そのような中で、

歌舞伎や能、お琴や三味線、和太鼓のショーなどの

日本の伝統的な音楽にもふれる機会があり、

それまで、

日本人の私が、

クラシックのピアノを演奏することに疑問をもたなかったのですが、

その頃から、何か言葉にはならない違和感を感じていました。

日本人なのに日本の音楽や文化を全く知らないということに、、、

それから、しばらく立ってから

音楽を演奏ではなく、「教育」の立場から学ぶ中で出会ったのが、

口伝えで伝承されてきた歌の「わらべうた」です。

日本語と音(おん)、メロディー、リズムが一体となっている素朴な歌です。

大学時代に弾いていたような、芸術作品として完成させられた曲ではないのですが、

とても惹かれるものがありました。

そして、「芸術論」を学ぶ機会があり、

生活の中にある歌と、芸術音楽作品との関連について、

理論から勉強しました。

また、音楽の領域では、

リトミックで有名なダルクローズ、

ハンガリーの音楽教育者コダーイのメソッド、

保育の領域では、

イタリアのレッジョ・エミリアのプロジェクトによるアプローチ、

モンテッソーリの保育実践をされいる園など

様々な保育実践にふれてきました。

そこで、

「わらべうた」や「童謡・唱歌」をつかった

音感を習得する芽生えとなるカリキュラムについて、

幼児教育・小学校の現場などで経験をつみました。

同時に、日本人がどのように西洋音楽をとりこんでいったのか、

そして、現在の日本の作曲家についても、調べるようになりました。

当時伴奏をしていた合唱団では、日本人作曲家による合唱曲も

たくさん演奏してきました。

私は、クラシック音楽が大好きです。

そしてクラシックのピアノ講師でもあります。

同じように、日本人で日本語を話します。

日本の習慣・文化を映し出した「日本語の子どものための歌」は、

海外に住む日本人の親子にとって、

拠り所の一つになると考えます。

2021年より、新しい活動をはじめることとなりました。

私の滞在期間の延長がきまり、

何かできることがないかと思っていたところ、

現地のコミュニティで0〜6歳さん向けに歌を紹介することになりました。

イギリスに住む、日本に縁(ゆかり)のある子どもたちと保護者の方に、

日本語や日本文化を伝えていくコミュニティです。

現在、活動を広げられるよう準備をしています。

海外での育児にお悩みの方、お気軽にご相談くださいね。

私では対応しきれないようなケースと判断した場合は、

専門家をご紹介することも可能です。

慣れない海外生活、初めての育児は、孤独なときもありますよね。

そもそも、引っ越しをして知り合いの一人もいない土地での生活は、

誰しもはじめは戸惑うものです。

ご主人も海外での仕事に精一杯で

ご家庭のフォローをしきれないケースもあるようです。

年齢の近いお子さんと一緒に、時間を過ごしてみませんか。

ママ・パパも一緒に歌で遊ぶことで、お子さんと一緒にリフレッシュ

してみませんか。

ママ・パパの笑顔が、お子さんにとってなにより大切なコミュニケーションです。

ここまで読んで頂いた方とは、きっとご縁があったからだと確信しています。

一人で悩まないでくださいね。

お会いできる日を楽しみにしています。

日本語の歌で遊ぼう♫

音楽コーチ兼ピアノ講師 あい 

IMG_2975.JPG
2E6ECDC7-6344-4C44-9D34-DA60FDC588DF_edi
9D22071D-87DF-465F-A067-875206F29186.JPG