• ai

大人も子どもも楽しめるリズム遊び♫

更新日:2021年3月1日

こんにちは。

ピアノ講師のあいです。


今日は、ピアノのレッスンでとりいれているリズム遊びを

ひとつご紹介します。






基本のリズムをすでに修得している生徒さん。


二分音符、四分音符、八分音符、付点などのリズムを知っています。


リズムたたきの教材も、集中して正確にたたくことができます。





この日のレッスンでは、


いつもと反対の方法を使ってリズムを認識しました。


つまり、


「書いてあるリズムをたたく」


のではなく、


「リズムを作って 書き出す」


という流れです。


時間でいうと、レッスンはじめの5分ほどです。



日常の会話、言葉のもっているリズムを使っていくので、


全く難しいことはありません。






題して、《今日の夕飯 何食べたい?♪》




 「今日の夕飯なに食べたい?」


 「〇〇〇〇が食べたいな〜」



これだけみると、毎日の親子の会話のようですね (^^)


これに一定のリズムをつけて、手でたたきながらいいます。


(動画の例)



で、



◯◯◯◯の部分を即興で、

自分の食べたいメニューや食材をいれて、

4拍にぴったりあてはまるように、リズムを創作します。




これが、とっても楽しいのです。


好きなものを探しながら、どんなリズムにしようかな


と瞬間的に食べ物のイメージ、言葉、リズムを捉えます。


このとき、には瞬時に様々な司令が行き来します。





「食べたいもの」を唱えながら、試しにリズムをたたきます。





そしてきまったら、先程の、


「問いかけ」+「答え」


の形式で、拍にのって続けてみます。




生徒さんの答えがうまくリズムをたたきながら言えたら、


今度は、「問いと答え」の役割を交代します。





このリズム創作遊びを気に入った生徒さんには、


「明日のランチは何食べたい?」


など、変化をつけたり、


3回ほど繰り返して、


まとまりのある歌のようにしたりして、楽しくリズムを意識しています。




 


さらに、


この遊びにしっかり慣れたら、


「◯◯◯◯」の部分のリズムを


ノートに書き出していきます。





つまり、4拍間のリズムの聴音です。


リズムを歌う、たたくと行為と リズムを音符に書き出す行為は、


実は、脳の全く別の部分を使います。





このリズム遊びでは、


その右脳と左脳の連携が無理なくスムーズにいくようになります。


「身体で体験したリズムを、記録するために楽譜を作る。」



これは、楽譜の本来の役割でもありますね。




 



このように、


オンラインレッスンでも、演奏の基礎となる、


ソルフェージュの能力、楽譜の読み方を


楽しみながらも確実に身につくよう、指導してまいります。





音楽は、楽しいからこそ身につく!


このリズム遊び、普段の会話に取り入れるのも楽しいですよ!





レッスン時間は、限られています。


ピアノ曲を素敵に音楽的に仕上げることは、もちろん、



・お子さまが自分自身で曲を仕上げられるようになること


・曲のよさを楽譜から読み解くことができるようになること



も大切にしています。


リズムを含むソルフェージュ、楽典の知識はその基礎になります。



楽しみながら修得していきましょうね。





ピアノ講師 あい