• ai

結婚式のお祝いメッセージとピアノ演奏

更新日:2021年2月20日


こんにちは!

ピアノ講師のあいです。


この仕事をしていますと、


「生徒さんから合唱伴奏をすることになった」

「楽器の伴奏を頼まれた」

「結婚式の余興にピアノ演奏を頼まれた」


などのご相談を頂くことがあります。



自分のために演奏するのではなくて、

誰か他の人のために演奏する、

とても貴重な機会ですよね!


ピアノを通して、周りの人と関わることができるって、本当に素敵ですよね。


それも、これまでコツコツと練習してきた得意なピアノで、

周りの方を喜ばすことができるのですから!




さて、今回は、

生徒さんのお母様から

息子さんお二人で木村カエラの「バタフライ」を連弾する、というもの。


メッセージも入る為、演奏と合わせて4分ほどでまとめるとのこと。


結婚式の余興は、その場にあった選曲をして、新郎新婦にお祝いの気持ちを届けることが目的です。


「人前で演奏する」という行為は、発表会やコンクールと同じですが、

目的が違いますよね。


まだ結婚式に参加した経験のない小学生の生徒さん。

披露宴の雰囲気、お祝いの気持ちを持って練習に励むように伝えようと思います。




これから、急いで譜読みをして、合わせの練習と、仕上げのレッスン。

さらに録音の方法、メッセージをつけて動画の作成、、、



締切日まで、生徒さんに寄り添って、

楽しみながら完成できるよう取り組みます!



明日のレッスンで、

演奏が終わってから、メッセージに切り替わる部分をどうするか、

子どもたちにも相談しようかな。



それでは今日は、この辺りで。

最後まで読んで頂きありがとうございます。



ピアノ講師 あい